東京都東部7公園

夏の虫たち

新しい生活の新しいルール

★公園からのお願い★

・こまめに手を洗いましょう

・他の人と距離をあけましょう

・混雑している場所や時間帯をさけて利用しましょう

・公園を利用するときは少人数で利用しましょう

・人との十分な距離(2m)が確保できない場合には、マスクを着用しましょう

・ランニング時はバフ等を着用しましょう

・こまめな水分補給を心がけましょう

暑い時期なので熱中症にならないように、各自で熱中症対策を行ってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

植物情報が多いですがたまには昆虫をご紹介!

 

まずはこの時期一番目立つセミ

ミンミンゼミとアブラゼミです。

ジーっとしていたので近くで撮影できました。

 

 

公園には他にもニイニイゼミやツクツクボウシもいます。

 

カメラ目線のハラビロカマキリ

 

 

この写真のカマキリはまだ幼虫で成虫は背中に羽があります。

低木の枝に卵が産み付けられているのもよく見かけます。

 

次は地面から水分補給していたアカボシゴマダラチョウとクロアゲハチョウ

 

よく似た在来種のゴマダラチョウは翅の赤い斑点がありません。

 

 

よく似たカラスアゲハは翅の表面がメタリックな感じで青緑色の光沢があります。

 

これからの時期はトンボも増えてきます。

 

まだまだ暑い日が続きそうなので熱中症に注意して昆虫観察をしてみてください!


投稿日: 2020年8月30日

ページトップへ