東京都東部7公園

亀戸:5月の樹の花

亀戸中央公園の利用停止中施設:テニスコート・多目的広場(~6/30)・各遊具(当面の間)

 

ただ今、都立公園は緊急事態措置実施中です。

生活維持に必要な園内の通過を除き、公園利用の自粛をお願いしております。

少人数(ご家族)でのジョギングや散歩などは混雑を避け、マスクを着用の上、1時間以内にご帰宅いただきますようお願い致します。

皆様のご協力が、のちの事態終息につながりますので、どうかご理解とご協力をよろしくお願いします。

 

ホームページでは引き続き自宅でお楽しみいただけるように写真多めでお届けいたします!

 

 

この時期は気温も上がり春の花が咲く時期ですが、樹の花も例外ではありません。

 

こちらはB地区トイレ横のヤマボウシ

 

 

ヤマボウシ

ミズキ科ミズキ属の落葉高木

ハナミズキと同じように4枚の総苞編が花のように見えますが、中心にある「花」はまだ咲いていません。

よく似ていますが、やまぼうしは総苞編の先が尖っていて、ハナミズキの総苞編は丸く窪んでいるので見分けがつきます。

秋になると中心の丸い部分大きく赤くなります。

 

 

C地区JR横皇帝ダリア花壇側のハリエンジュの花が満開です。

 

 

ハリエンジュ(ニセアカシア)

マメ科ハリエンジュ属の落葉高木

白い房状の花は食用でき、てんぷらにして丸ごと食べたり、リカーに漬けたり、「アカシアの蜂蜜」はこのハリエンジュ(ニセアカシア)の蜜だそうです。

明治期に日本に輸入された当初は、このニセアカシアをアカシアと呼んでいた。後に本来のアカシア(ネムノキ亜科アカシア属)の仲間が日本に輸入されるようになり、区別するためにニセアカシアと呼ぶようになった。しかし、今でも混同されることが多い。本来のアカシアの花は放射相称の形状で黄色く、ニセアカシアの白い蝶形花とは全く異なる。 wikipediaより

 

 

トチの花も満開です。(A・B・C地区にあります)

 

 

トチノキ

ムクロジ科トチノキ属の落葉広葉樹

トチノミ(栃の実)が食用として知られていて「栃餅」は現在でも郷土食やお土産として受け継がれています。

長い柄の先に倒卵型の小葉を5~7枚付け、葉の大きさは全体で50㎝にもなります。

 

 

昨年の台風で根元から倒れて有名(?)になった「ユリノキ」上の方ではかわいい花が咲いています

 

 

ユリノキ(A・B・C地区にあります)

モクレン科ユリノキ属の落葉高木

別名は色々あり、葉っぱの形から「ハンテンボク」カップ状の花の形から「レンゲボク」や「チューリップツリー」とも言われています。

バタンと倒れているのを目撃した方もいるのでは?

 

 

A地区児童コーナー側にある「トベラ」

 

 

トベラ

枝葉は切ると悪臭を発するため、節分にイワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げられた。そのため扉の木と呼ばれ、これがなまってトベラとなった(学名もこれによる)とされていますwikipediaより

 

トベラ科トベラ属の落葉低木

潮風や乾燥に強いので海のそばなどでもよく見かけます

白い5弁の花をつけてジャスミンのような香りがします。

咲き初めの花は白色で、時間が経つと黄色っぽくなる様は「金銀花」の別名のあるスイカズラに似ていますね。

 

まだまだ予断の許さない自粛生活ですが、これを機会にお家で色々と調べてみるのも楽しいかもしれませんね。


投稿日: 2020年5月13日

ページトップへ