東京都東部7公園

亀戸:7月の植物

新しい生活の新しいルール

★公園からのお願い★

・こまめに手を洗いましょう

・他の人と距離をあけましょう

・混雑している場所や時間帯をさけて利用しましょう

・公園を利用するときは少人数で利用しましょう

・人との十分な距離(2m)が確保できない場合には、マスクを着用しましょう

・ランニング時はバフ等を着用しましょう

・こまめな水分補給を心がけましょう

暑い時期なので熱中症にならないように、各自で熱中症対策を行ってください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

7月に入りましたがまだまだ雨の多い時期。

しかしこの時期は「アレ」が突然現れます

 

↓ アレとは・・・↓

 

 

「キノコ」

雨上がりなどに、一夜にして突然現れます。

ここに載せたもの以外にも、園内には様々なキノコが生えてきます。

もちろん食べることはできませんので、観察するだけにしてくださいね!

 

木の花も咲いています。

リョウブ

リョウブ科リョウブ属の落葉小高木

 

 

写真はA地区松林隣の石段の上の植え込みの木です

 

モッコク

ツバキ科モッコク属の常緑高木

 

写真はC地区水神通り側の入り口付近の木です

早い木はもう実になっているかもしれません

 

ムクゲ

アオイ科フヨウ属の落葉低木

 

B地区ジャブジャブ池付近の白色のムクゲが咲き始めました。

園内には他に、ピンク色の花や水色の花など数種類のムクゲが植えられています。

 

同じくB地区トイレ横の枕木花壇ではカンナが咲き始めました。

カンナ

カンナ科カンナ属の宿根草

園内のカンナは黄色ですが、街中では赤い色のカンナも見かけますね!

 

 

 

そして、木の実と言えば「ドングリ」

マテバシイの実がだんだん大きくなってきました。

 

 

もう小さな「ドングリ」ですね

たくさんなっているので秋が楽しみです!

 

天候も不安定で、まだまだ心置きなく外で遊べない今だからこそ、お家で下調べをしてみましょう!

新しい発見があるかもしれませんね


投稿日: 2020年7月8日

ページトップへ