東京都東部7公園

亀戸:セミとサルスベリ

~ただ今緊急事態宣言発令中~

 

新しい生活の新しいルール

★公園からのお願い★

・こまめに手を洗いましょう

・他の人と距離をあけましょう

・混雑している場所や時間帯をさけて利用しましょう

・公園を利用するときは少人数で利用しましょう

・人との十分な距離(2m)が確保できない場合には、マスクを着用しましょう

・ランニング時はバフ等を着用しましょう

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

梅雨が明けたとたんに30度を超える真夏日が続いています!

 

虫や花も夏の象徴が登場してきました!

 

他のセミよりも早めに出てくる「ニイニイゼミ」

ジ―と言う長い鳴き声(羽の音)がニイニイゼミです

体調は3㎝くらいで、小型なうえに体の模様が木の幹にそっくりなので見つけにくいです。

抜け殻も小さく、木の根元の方にあります。

他のセミと違って土をまぶしたような状態の、1.5cm位の小さな抜け殻です!

 

 

 

続いて、「ミーンミーン」と言う鳴き声(羽の音)でおなじみのミンミンゼミ。

緑がかった体と、透き通った羽が特徴です。

セミ本体にばかり注目してしまいますが、抜け殻にも特徴があります。

園内にある抜け殻の大半がアブラゼミのものですが、触覚の節の長さがちょっと違います。

 

 

 

 

花の方はサルスベリ(百日紅)をご紹介。

ミソハギ科の落葉中木です。

花の時期は7月~10月と長く楽しめます。

 

 

この写真はC地区のトイレ横花壇の矮性サルスベリ(背の低いサルスベリ)です。

背の高い木の方は濃いピンクの花と白い花があります。

他にも、小さな白い花がたくさん付く「シマサルスベリ」が1本A地区にあります。

 

これからますます暑い日が続きますが、密に気を付け、体調や熱中症などに注意してお楽しみください!

 

 

皆様のご協力が、のちの事態終息につながります。

どうか、ご理解とご協力をよろしくお願いします。


投稿日: 2021年7月19日

ページトップへ