東京都東部7公園

災害に強い街づくりで生まれたいこいの広場 大島小松川公園(おおじまこまつがわこうえん)

大島小松川公園概要

大島小松川公園
東京都立大島小松川公園は、防災市街地再開発事業により、設置された公園です。江東デルタ地域の東端に位置し、旧中川を挟んで江東区と江戸川区にまたがり、平常時はレクリエーションの場として利用され、災害時には20万人の 避難場所となる防災公園です。
スポーツ施設を中心としたスポーツ広場、わんさか広場、自由の広場、季節の広場(北側と南側)、風の広場の五つのブロックがあります。
自由の広場に隣接してお子様に人気のアスレチック広場とバーベキュー広場あり、駐車場(有料)も完備しています。
開園年月日 平成9年8月1日
開園面積 249,282.77平方メートル(平成28年4月1日現在)
樹木数 4,700本
主な植物 ソメイヨシノ、ウワミズサクラ、クロガネモチ、ナンキンハゼ、ネムノキ、ヤマボウシ
施設 テニスコート(4面、照明)、小野球場(3面、照明2面)
小サッカー場(1面、照明)
自由の広場(バーベキュー広場・アスレチック)
わんさか広場
季節の広場
風の広場(芝生の丘、展望の丘、旧小松川閘門、ジョギングコース)
少年運動広場

公園から探す

  • 猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)
  • 亀戸中央公園(かめいどちゅうおうこうえん)
  • 大島小松川公園(おおじまこまつがわこうえん)
  • 尾久の原公園(おぐのはらこうえん)
  • 東綾瀬公園(ひがしあやせこうえん)
  • 中川公園(なかがわこうえん)
  • 宇喜田公園(うきたこうえん)

ページトップへ