東京都東部7公園

亀戸:6月の花と実

本日関東地方も梅雨入りをしたとニュースで言っていましたが、公園の植物も順調に季節をおっています。

(※写真の植物は下の地図にあります)

 

この時期の代名詞「アジサイ」が咲き出しました。

 

アジサイ合成

 

 

ナツツバキの別名を持つ「シャラノキ」はB地区スポーツセンター横にあります。

 

以前紹介した『ヒメシャラ』よりも大きな花です。

(※ヒメシャラの木はC地区南側入口にあります)

 

シャラノキ合成

 

 

C地区東側出口の花壇の横に咲いている「メドーセージ」

 

ここにはゼラニウムの赤とキンシバイの黄色で『赤・青・黄色』がそろっています。

 

メドーセージ合成

 

 

園内のいろいろなところに植わっている「ヤマモモ」の実が赤くなりだし、鳥たちが食べに来て落としています。

 

ヤマモモ合成

 

 

白い花を咲かせていた「ヤマボウシ」も実が大きくなりだしました。

(白い花びらのようなところは『ガク』で真ん中の粒々の一つ一つが小さな花です。)

 

ヤマボウシ合成

 

ヤマボウシの実も秋になると赤く熟して鳥たちが狙いにきます!

 

お近くにお越しの際はぜひご覧ください。

 

マップ

 


投稿日: 2017年6月7日

ページトップへ