東京都東部7公園

亀戸:自然観察会ご報告

6月16日(土)は自然観察会「梅雨の花、果実をたずねる」にたくさんのご参加をいただき、ありがとうございました。

 

雨も上がり歩くにはちょうど良いお天気の中、受付を済ませさっそく本日の観察会の説明です。

 

SANY1982

 

まだ時期は早いですが、あまり見かけない「コブシの実」。秋になると赤くなり割れて中身が出てきます。

 

SANY1984

 

事務所前の八重咲のクチナシの香りを確認。

 

SANY1986

 

フェンス際の「ヤマグワ」は赤黒く熟し、鳥たちの餌場となっています。落ちている実でマグワとの違いを確認。

 

SANY1990

 

クワの葉には「クワキジラミ」がいました。

 

SANY1994

 

梅雨の時期といえば「アジサイ」。旧中川沿いのアジサイとジャブジャブ池の「ヤマアジサイ」を観察です。

 

SANY2005

 

「イスノキ」に虫こぶがたくさんありました。敷地際に植えてあるサンゴジュやイスノキなどの常緑樹は「延焼防止の防災樹」の役割があります。

 

SANY2009

 

今の時期は「ヤマモモ」も実をたくさんつけています。

 

SANY2016

 

恵みの雨で植物が生き生きとしている中での観察会でした。

今後の観察会のスケジュールは下記のとおりです。詳細は開催日の約1ヶ月前に園内掲示およびイベント情報でお知らせします。

ご近所お友達もお誘い合わせのうえぜひご参加ください!

 

観察会スケジュール


投稿日: 2018年6月17日

ページトップへ