東京都東部7公園

亀戸:リョウブの花が咲いています

A地区とB地区に植えてある「リョウブ」の花が咲いています。

 

 

 

令法(リョウブ)

リョウブ科の落葉小高木

樹皮表面が縦長な形に裂けて剥がれ落ちたあと茶褐色の滑らかな表面になるので、地方によっては「サルスベリ」と呼ぶところもあるそうです。

夏に白色の小さな花を房状につけます。若葉は食用され「令法飯(りょうぶめし)」として食べられるそうです。

 

A地区は松林の奥、B地区はじゃぶじゃぶ池の西側とどちらも目立つ場所ではありません。

お近くにお越しの際はぜひご覧ください。

 

↓ リョウブの位置はこちら ↓


投稿日: 2019年7月3日

ページトップへ